EXHIBITION

mado-beya企画 第8回目 冨井大裕、中﨑透、ちばふみ枝 3人展「隣り合う隙間」




切れ目・隔たり・ずれ・穴――そうしたところにできる隙間とはどういうものだろうか。

何かと何かの間にあって、それはものそのもの、あるいはそこにできる場、状況、または関係性を際立たせ、見慣れた世界を変質させるその境目として視えてくるものかもしれない。


既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」の新たなあり方を探求する冨井大裕。

看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している中﨑透。

木質レリーフを紐で結び自立させることで、表裏や境界を意図的に取り入れた造形を特徴とするちばふみ枝。


小さなmado-beyaの空間で隣り合う、3者それぞれが垣間見せる世界をお楽しみください。

【展覧会名】mado-beya企画 第8回目 「隣り合う隙間」展

【会期】2022年1月8日(土)-3月27日(日)

【日時】毎週土・日曜のみ/11:00-18:00(入場無料)

【会場】mado-beya(〒986-0822 宮城県石巻市中央2-4-3 石巻のキワマリ荘2階)

【出品作家】冨井大裕/中﨑透/ちばふみ枝

※新型コロナウイルス感染症対策の観点から、会期や時間が変更となる場合がございます。



■■■ご来場予定のお客様へのお願い■■■

石巻のキワマリ荘およびmado-beyaでは現在、新型コロナウイルスなどの感染症予防及び感染拡大防止のため、以下の対策を実施しております。お手数をおかけいたしますが、ご協力のほどお願い申し上げます。

・発熱(37.5℃以上)や風邪の症状がある方、咳が続くなど体調に不安のあるお客様は、ご来場をご遠慮ください。

・建物入口に消毒液を設置しておりますので、ご入場の際に手指消毒をお願いいたします。

・会場内ではマスクの着用をお願いいたします。

・会場内での飲食は禁止とさせていただき、長時間の滞在をご遠慮いただいております。

・有事の際にご連絡ができますように芳名帳へのご記帳をお願いいたします。

また、石巻のキワマリ荘の管理・出品アーティストにおいては、マスクの着用を徹底するとともに、管理担当以外は特別用事がない限り在廊いたしません。

会場の換気は1時間に1回程度行い、家具、ドアの引手、階段手摺など多くの方が手を触れる場所には、定期的に消毒清掃を行います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★mado-beyaについての詳細はこちら









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー